鍵穴手術(Keyhole surgery)とは?


 

「いかに患者に負担をかけずに、合併症のないきれいな手術をして、一発完治をはたせるか?」という思いで、福島孝徳先生が低侵襲と最新の手術と手技を考案した手術が「鍵穴手術」です

 

 「鍵穴手術」は頭部に1円玉位の小さな穴をあけて、手術顕微鏡を用いる手術法で、患者さんの身体の負担を考え、福島孝徳先生1980年代に開発を初め、確立させたものです。この超人的な手術法は、通常の開頭手術に比べとても小さいため、大幅に患者さんの負担が軽減されます。この世界から注目を浴びた「鍵穴手術」により福島孝徳という脳外科医が知られるようになり、世界から絶大な支持を受けることになりました[*]

 

最近では、インターネット等で「鍵穴手術」を標榜する医療機関や脳外科医も少なくないようですが、「(福島式) 鍵穴手術」は、福島孝徳先生のもとでトレ− ニングを積み、正しい脳の解剖学的知識と練達した幅広い臨床スキルを持つ人だけができる難しい手術です。時々、切開部や術野が小さい事だけを優先させている手術と誤解されている医療関係者もおられます。そのような手術は、患者さんへの手術リスクをあげるだけであり、必要最小限・低侵襲の手術という「(福島式) 鍵穴手術」のコンセプトとは大きく異なります。そのような誤解による少々の知識や数少ない手術見学などによる誤解された手術は、患者さんへの合併症のリスクをあがることになってしまいます。そのような施設や脳外科医によって無理をした小さな切開部や術野で手術をすることによって重大な合併症を引き起こす事もあります。また、完治せずに私達が再度治療する症例も残念ながら少なくありません。


●無剃毛手術


私は、この「鍵穴手術」に髪の毛を切ったり、剃らないで皮膚切開を行う、「無剃毛手術」を17年前より行っています。私自身、過去10年で1000例以上の実績があります。剃毛もしくは散髪による術後の精神的負担の軽減だけではなく、個人情報の保護にもつながります。感染は、免疫機能低下症、膠原病高などの特殊疾患に対してステロイドの長期内服、頭皮の皮膚疾患等の身体状態があれば感染のリスクになりますが、稀です。


●創部(切開部)


【通常手術での切開部】

 

私が、施行した鍵穴手術の創部(赤点線)術後、切開部はほとんどわかりません。(写真:下)

【他院で行われた例】

 

他院で手術が行われた後の経過で再発、私が治療した症例です。前医での創部瘢痕部(赤点線)。この創部の約1/3の切開にて再手術を施行しています。

 


....................⇓.......................