髄膜腫

(ずいまくしゅ)


 髄膜腫とは?



『髄膜』とは、脳および脊髄を保護するために脳や脊髄を包んでいる膜(軟膜、くも膜、硬膜)の総称です。この髄膜と呼ばれる膜の細胞からできる腫瘍を髄膜腫といいます。脳は頭蓋骨の中にありますので、髄膜腫が徐々に大きくなると、頭蓋骨の中で大きくなるため、腫瘍近辺にある脳を圧迫するようになります。原発性脳腫瘍の代表的な腫瘍で、脳腫瘍全体の約27%を占めています。

 中高年者に発生しやすく、女性(特に中年女性)に多く認められます。ほとんどは良性です。通常は、一つ(単発)ですが、いくつもできている事もあります(多発性;1-3%)

 


髄膜腫の診断


 

髄膜腫は、CT検査もしくはMRI検査にて診断されます。CT検査では、腫瘍が小さい髄膜腫の診断が難しいため、MRI検査が診断にて適した検査です。腫瘍が疑われた場合は、造影剤を用いた検査を行って、造影剤に染まった腫瘍の部位や造影所見にて髄膜腫の診断がされます。

脳を包む膜を髄膜と呼びます脳についた状態で2枚(軟膜・くも膜)、脳についていない状態で脳の外側(=頭蓋骨の内側)に1枚(硬膜)ありますので,頭を輪切りにした画像検査(CT,MRI)では脳と頭蓋骨の間に認められるのが画像での特徴で一般的です。

脳を包む膜を髄膜と呼びます。脳についた状態で2枚(軟膜・くも膜)脳についていない状態で脳の外側(=頭蓋骨の内側)に1枚(硬膜)ありますので,頭を輪切りにした画像検査(CT,MRI)では脳と頭蓋骨の間に認められるのが画像での特徴で一般的です。