舌咽神経痛

ぜついんしんけいつう


舌咽神経痛の画像、治療前後の画像変化


【 正常な舌咽神経とその走行 】

頭部MRI検査の特殊な撮影法で舌咽神経の走行を確認します。舌咽神経神経は左右1本ずつあるので、痛む方の舌咽神経をの走行を見ます。黄色いで示した線が、舌咽神経になります。


 

【 痛みが生じる舌咽神経の走行と血管 】

舌咽神経痛の患者さんのMRI画像です。舌咽神経(黄色いで示した線)が、根元(神経が脳に入り込む部分/写真中の赤いで示した部分)に、血管の丸い断面が認められます。これが、舌咽神経の根元を圧迫している血管(動脈)になります。これにより痛みが生じています。

別の舌咽神経痛の患者さんのMRI画像です。舌咽神経(黄色いで示した線)が、血管(写真中の青い)に引っ張られています。さらに、舌咽神経の根元(神経が脳に入り込む部分/写真中の赤いで示した部分)に、血管の丸い断面が認められます。これが、舌咽神経の根元を圧迫している血管(動脈)になります。これらにより痛みが生じています。


【 手術による血管の移動 】

手術をした舌咽神経痛の患者さんの手術前後のMRI画像です。手術前にS字状に走行して舌咽神経の根元を圧迫している血管(動脈/写真中の赤丸の点線内)が、認められます。手術により血管の走行を変えた事により、舌咽神経から離れ圧迫が解除されています(写真中の赤丸の点線内)。これで痛みは消失します。