脳動脈瘤

(のうどうみゃくりゅう)


2).  脳動脈瘤の分類、3). 脳動脈瘤の好発部位


脳動脈瘤の分類

【形】   ① 嚢状 ② 紡錘状   

                                                                   

【大きさ】 ① 小動脈瘤 (≦12㎜)          

      ② 大動脈瘤   (13-24㎜)           

      ③ 巨大動脈瘤(≧25㎜)            

                                                                   

【原因】  ① 先天性   

                  ② 動脈硬化性

                  ③ 細菌性

                  ④ 真菌性

                  ⑤ 腫瘍性

                  ⑥ 外傷性

                                                

【病理】  ① 真性 

      ② 仮性 

      ③ 解離性

 

脳動脈瘤のほとんどが先天的で、動脈の中膜筋層が欠損している事により動脈壁の3層もしくは1層が拡張したもの(真性)で、嚢状の形態を示す嚢状動脈瘤になります(全体の60%以上を占めます)。75%以上は10mm未満の大きさです。


脳動脈瘤の好発部位

【好発部位】

 

① 中大脳動脈 (≒20%)

② 内頚動脈 (≒30%) 

③ 前交通/大脳動脈 (≒40%)

④ 椎骨・脳底動脈  (≒10%)


( ③ > ② > ① > ④ の順に多い)


【※ 多発する場合があります】

 

2個以上の動脈瘤がある場合を、

 「多発性脳動脈瘤」といいます。

 

2個の場合が多く(70%)、女性に多いと報告されています(男性の約5倍)。動脈瘤が、6-7㎜以上の大きさがあると、破裂(クモ膜下出血)のリスクになります。