- 患者さんとの思い出 -


信頼をして手術を求めてこられた患者さんに答えてあげられる事は、「やさしさ」に満たされた手術をすることです。単なる機械的操作ではなく丁寧で愛護的であり、出血も少なく正確に遂行される手術です。患者さんにだけではなく、手術室のスタッフが実力を最大限に発揮できるように手術室の雰囲気を大切にして、気を配る事ができる手術でもあります。患者さんの不安や苦しみに心をともにしながらも、表には出さない冷静な態度と判断をする手術でなければなりません。この手術を行うためには、多くの学んだ事や知識を実践するという大変な難しさを乗り越えなければなりません。自分の持つ最良の技術を発揮するために日々努力をし続けています。多くの患者さんからのお礼の言葉やお手紙が、日々の鍛練と忍耐を乗り越える糧となり、脳神経外科医として私の輝く思い出となっています。手紙をくれた患者さん方に感謝します。ありがとう。